高齢出産の子育て

高齢出産の子育て事情

結婚や出産は早いほうが良いわよと長年言われてきて、いざ自分が結婚出産した時に、この言葉の意味がわかったという人も多いのではないでしょうか。特に、高齢出産した人にとって、親から言われてきたこの言葉はかなり身に染みているという方が多いようです。最近は、38歳くらいから高齢出産と言われています。出産に対するリスクももちろんありますが、医療も発達しているため、出産に対する不安よりも、子育てについての悩みが大きいという人も多くなっています。今回は、高齢出産の子育てを乗り切る方法をご紹介します。

まずは、高齢出産での子育てでよくある悩みをご紹介します。何よりも、自分の体力がついていかないという悩み。次に、ママ友が若い、などです。新生児の頃の夜中のお世話はもちろん、ハイハイや歩きだした頃のこどもの体力に「私大丈夫か?」と不安になったママも多くなっています。病院から戻ってきて、数か月気づいたら、やつれきっている自分を鏡で見て愕然など、子育てが体力勝負という言葉が身に染みている人が多くいます。

また、子育て支援センターや公園に行ったら、訪れているママがなんだかキラキラしていて、やつれているのは自分だけだった、年齢を聞いたら、20代。何だか楽しそうに育児をしているなと感じて、少し気持ちが落ち込んでしまったなど、高齢出産子育てにつきものの悩みがあります。体力勝負の子育て。高齢出産ママはどう乗り越えていけばいいのかをご紹介します。